生体への浸透力の大きな長波長の可視線(赤色)と短波長の赤外線(近赤外線)は、光線照射局所に充血が生じ血流を増加させ、患部の血行を改善する。

  • 末梢血管の拡張による冷え性、ひび、あかぎれ、しもやけ、脱疽などの治療と予防
  • 冠状動脈の血行改善による心臓病の治療と予防
  • 末梢血管の拡張、心臓機能強化による高血圧症、低血圧症の治療と予防
  • 消化管の動きや消化機能の改善

光線療法に興味のある方はこちらから