スクワット

ポイント
  • 膝を曲げたたときに、床と太ももの裏が平行になるくらいの深さまで体を落とす
  • 背すじは常に伸ばしたまま行うこと
  • 勢いをつけずにできるだけゆっくりと動作する
  • 10回/1セット、慣れてきたら、回数を増やすよりセット数を増やすようにする
NG例
  • 前かがみ、背中はまっすぐ伸ばしてください
  • ヒザがつま先より前
  • 深くしゃがむ
  • 無理して多くの回数をこなす

間違ったNGスクワットは効かないばかりかケガの原因にも・・・

正しいフォームで頑張りましょう