肩こりにならないためにも肩甲骨を動かそう!

筋膜ゆるめリストの黒野洋史です。

今回は肩甲骨の動きについて見ていきましょう。

肩甲骨 は胸郭に沿って動きます。
3方向に動き、それぞれに順方向と逆方向があります。

上下の動き

肩をすくめる動作で、
肩を上げるのが挙上、肩を下げるのが下制です。

開店、いや回転の動き

胸郭に沿って肩を前に出す動きを外転と呼び、肩甲骨同士の間を広げる動作になります。
胸郭に沿って肩を後ろに引く動きを内転と呼び、肩甲骨同士をくっ付ける動作になります。

海鮮、いや回旋の動き

外方回旋は腕を水平からさらに上に挙げる動作のときに起きます。
内方回旋は腕を下から背中にまわす動作になります。

肩甲骨の周りにはたくさんの筋肉が付いています。
肩こりにならないためにはしっかりと肩甲骨を動かすことが重要になります。
まずはお仕事に合い間に、腕を動かして血流を良くしてあげましょう!!

肩が動かしにくいなぁと思ったらこちらへどうぞ