筋膜ゆるめリストの黒野洋史です。
引き続き肩関節の筋肉について見ていきます。
まずは肩甲骨と上腕骨についている筋肉を順番に7つ紹介していきます。

3.肩甲下筋 (けんこうかきん)

肩甲下筋はとても触るのが難しい筋です。どういうことかというと、肩甲骨の前面(肋骨と肩甲骨の間)にあるからです。
ローテーターカフ4筋のうちの1つですが、他の筋が腕を外側に回す外旋と違い、この筋は腕を内側に回す内旋に働きます
この記事を見ている人はきっとしてないと思いますが、
よくドラマで見るソファで寝転がってお尻をかいたりするときに使います。
他には後ろのポケットに手を伸ばしたりお尻を拭いたりするときに使います。
スポーツではオリンピックでリレーはすごかったですが、
あのリレーでバトンを受けとるために腕を後ろに引くときに使っています。

ローテーターカフ 肩甲下筋と棘下筋のワーク

肩甲下筋のストレッチは肘を体につけ離さないようにして、前腕を内旋させます。
このとき反対側の手で前腕を押さえ抵抗を加えます。
反対に外旋させると棘下筋が鍛えられます。
座ってテレビを見ながらできるのですきま時間にやってみましょう!

後ろのポケットに手が届かない場合はこちらへ